オリーブの木の灌漑

QTECH
€100,00
| /

灌漑はオリーブ栽培の重要な側面です。オリーブは、健康で生産性を維持するために最適な量の水を必要とする植物です。灌漑は必要ですが、正しく適用された場合にのみ使用できます。灌漑が多すぎても少なすぎても、生育や収量に問題が生じる可能性があります。

オリーブの木はいくつかの方法で灌漑できますが、適切な方法を選択することは、利用可能なリソースとニーズによって異なります.最も一般的な灌漑方法は次のとおりです。 スプリンクラー灌漑、点滴灌漑とスプリンクラー灌漑。

点滴灌漑は、無駄に水を失うことなく、植物が十分な水を得られるようにするために使用される方法です。これは、パイプを地面の下に置き、パルセーターを最適な高さに設置し、植物に必要な正確な量の水を与えることによって達成されます。この方法は、灌漑の必要性を減らし、灌漑効率を高めるのに役立ちます。


点滴灌漑 植物の根に直接水をもたらすため、オリーブの木に水をまく最も一般的な方法の 1 つです。これにより、水の浪費を減らし、木の葉を乾いた状態に保つことができ、病気の蔓延を防ぐことができます.このシステムの欠点は、切断ゾーン全体での水の分布の均一性が低いことです。

灌漑により、次のことが可能になります。

* オリーブの収量を増やす
*害虫や病気のリスクを軽減
・オリーブの品質向上
*灌漑の効率を高める

干ばつが起こりやすい地域でオリーブを栽培している場合、または気候変動が水供給に与える影響を懸念している場合は、点滴灌漑システムへの投資が賢明な決定になる可能性があります.

オリーブの木立がある場合は、オリーブの木立に最適な灌漑システムを定義するために、お気軽にお問い合わせください。

Qtech 設計会社は、オリーブ畑の灌漑システムを設計および実装しています。