祖国の記念碑緑地の自動灌漑システム

祖国記念碑の配置に関する計画された作業の一環として、ザグレブ市は自動灌漑システムのプロジェクトのために会社Qtechデザインを採用しました。 自動雨水システム。このシステムには、噴水ポンプ場の換気塔の自動灌漑システム接続の計画された位置にある水道接続を介して水が供給されます。システムは、デジタル電流プログラマーによって制御されます。 

故郷の記念碑

灌漑システムの文書を作成するためのプロジェクトデポジットとして、設計者には、認定された景観建築家のロバートデュイッチによって作成された、祖国への記念碑の緑地を配置するためのプロジェクトが提供されました。

 

パフォーマンスダイナミクス

緑地の灌漑システムの実施は2つの段階に分けられます。

最初のフェーズには、灌漑用の給水設備の建設が含まれます。これらの作業は、道路や小道の建設前に、施設のインフラストラクチャの建設フェーズで実行されます。第一段階の作業には、パイプが配置されている換気塔からパイプを通すための水密貫通部の設置が含まれます ソレノイドバルブ 水面に。

第二段階は、芝生を播種する前に、土壌の最終層を埋め、植物材料を植える段階で行われる灌漑システムの構築を含みます。 

第2フェーズの作業は次のとおりです。

  • 供給ライン(フェーズIで実行)への接続から始まり、ソレノイドバルブを備えたマンホールまでの完全なパイプラインの設置、
  • 分配弁と電磁弁の設置、
  • 灌漑装置を備えた側線の設置(チューブは一滴ずつ、噴霧器)、
  • 配管および電気設備および灌漑装置の設置に必要なすべての土工、
  • 完全で機能的なシステムの実行に必要な他のすべての組み立ておよびクラフト作業、
  • 新しい自動化システムを接続するために必要なすべてのアクション、
  • システムの機能を実証するために必要なすべてのテストと試行
  • 建設現場のドキュメントの管理と、設置の実行状態のスキームの作成に関するすべての作業

           

水供給

灌漑システム 水道水が供給されます 噴水ポンプ場の換気シャフトの自動灌漑システム接続の計画された位置に配置された、最小流量7.0 m3 / h、4.5バール(供給高さ45 m)のDN50給水接続を介して。このプロジェクトには、約の地域での灌漑が含まれています。 4460メートル2

灌漑装置

花壇、床覆い、生垣のある表面は滴下により灌漑されるため、圧力補償を内蔵した、33cmの距離に2.2lの流量のスポイトを備えた2層パイプの設置が想定されています。すべての側線で チューブは一滴ずつ 出口圧力が2.0バールに設定された追加の圧力レギュレーターが取り付けられています。芝生エリアは、側線に接続されたポップアップスプリンクラーを使用した灌漑システムによって灌漑されます。噴霧器とノズルの選択は、灌漑される表面のサイズに依存します。

 ポップアップスプリンクラー

マネジメントシステム

すべてのコントロールは屋外設置に取り付けられています。灌漑システムは、直径DN40(R1 1/2 '')、スプール電圧24Vのソレノイドバルブを介して、17の同時操作ゾーンに分割されています。

ソレノイドバルブは、手動で操作して流量を調整する機能を備えており、その構造により、設備から供給ネットワークへの水の戻りを防ぎます。ソレノイドバルブは硬質プラスチック製で、通常は閉じており、動作圧力は最大10 bar、中温は最大43°Cです。電磁弁は、サービスルームの換気シャフトに取り付けられています。システム内の電磁弁ごとに、側線の圧力を調整するための圧力調整器が設置されているため、灌漑装置は設計条件で機能します。電磁弁の動作は、最低20個の制御出力24Velを備えたデジタル電流プログラマーを介して制御されます。ソレノイドバルブ。デジタルパワープログラマーは、シンプルなユーザーインターフェイス、フロー制御とフロー制御の可能性、バイパススイッチを備えた時間センサー接続、マスターバルブ接続を備えたLCDディスプレイを備えています。

デジタル電流プログラマー 

側線に沿った流れのステートメント

以下は、最適な水力操作条件の条件下での灌漑システムの側線の個々の流れです。 

  • パイプからのラインの動作圧力が一滴ずつ低下-2bar
  • 静的スプリンクラーを備えたラインの動作圧力-3bar
  • 動的スプリンクラーを備えたラインの動作圧力-3bar

Protok vode po linijama navodnjavanja

次の図に、100%重複した祖国の記念碑の雨水システムの水消費量を示します。

 Potrošnja vode sustava kišenja Spomenik Domovini